5年間のバンコクライフの後は九州の片隅からひっそりとトリニータを応援します


by trinitariandays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シーロー

 2月に入り、タイは急に暑くなりました…。
シーロー っていう軽トラを改造した簡易タクシーに乗ってても
暑いのなんの。
12月は長袖着る日もあったけど、もうみんなノースリーブですよ。
今でも軽く30度以上はあるんだけど、3月に入ったら40度近くなるらしい…ヒエー。

 ところでこのシーロー、駐妻の足として愛用されてるし
彼らは外国人在住エリアに居るので外国人の発音にもなれてるから
観光客もタイ気分が味わえていいかも。
 シーローの運ちゃんは刺青とかしてて見かけが怪しい人がおおいんだけど
テリトリーが決まっていてそのエリア内のマンションやお店などはほぼ把握していて
「どこどこマンションに行って」というと「カップ(はい)」と言って
すぐに連れて行ってくれるので変なところに連れて行かれたりしないから安心。

 一方、タクシーっていうのはバンコク市内だろうが市外だろうが
どこへでも行ってくれる代わりに、細かいマンションの位置とかは全然知らない。
タクシーは女性一人で乗ったりすると危ない事もあるらしいんだけど
シーローなら「ヤバイ」と思ったらちょっと停まった時に飛び降りちゃえばいいからね。
ただ排気ガスをもろに受けるので、渋滞する道だと辛い上に
長距離だとタクシーの方が安くなっちゃうのだ。
クーラーの効いてるタクシーより、軽トラの荷台の方がお金が高いって、ねェ。
バンコクに観光に来たら、是非一度シーローに乗ってみてね。

 因みにうちはダンナは会社の車があるのであまり乗らないせいか
たまに乗っても落ち着かないみたいだけど、子供たちはシーロー愛用者。
軽トラの荷台でくつろぐ2歳児&5歳児とその母…。
すっかりバンコク人化してきた、在泰5ヶ月目なのでした。
[PR]
by trinitariandays | 2006-02-03 01:00 | Thai